スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震度5弱の地震

昨日、午前11時50分、地震があった。
今までにない揺れで、びびった。
一瞬の間に、いろんな事が頭をよぎった。
お家が潰れたら、どうしよう・・・。
かずまのご飯は・・・薬は・・・発作は・・・。
何にも地震対策してない・・・。
いざという時、どうしたらいいのだろう???
毎日、のほほんと平和な日々を当たり前のように過ごしている私。
この日常の有難さをかみしめた。
「神様、どうか私達を助けて~~っ」
多分数十秒の時間。
その後、余震はこなかった(´▽`) ホッ

ニュースをみると
「大分県佐伯市震度5弱」
ひぇ~~っすごすぎる。
でも、被害は、なかったらしい。
いつか、また、くるのかな???
来ないにこしたことはないけど、自然のやることはわからない。
もしもの時の対策を考えておかねば・・・。

「神様、どうもありがとうm(_ _"m)ペコリ」
スポンサーサイト

結局のところ(入院その5)

3月10日、退院しました。
結局のところ、血球貪食症候群の疑いははれ、退院しました。
でも、入院中、「MRSA」の反応が出たといわれ、半隔離状態で、看護士の方達には、「部屋から出る時は、手を洗ってください」とか「かずまのオムツは別にします」とかいわれた。
免疫の低い人に感染すると命にかかわってしまうかららしい。
でも、かずまは、どこで感染したの???
その肩書きは、一生ついてまわるのかな???
なんだか、よく分からないし、納得いかない。
それと、かずまのチ○毛が気になるらしい。
私は、薬の副作用かなんかで毛深くなっているのだろうぐらいに思ってた毛がホルモン異常でよくないらしい。
「最近、急激に身長伸びてませんか?」の問いに、「すっごい伸びてます」と答えた。
やっぱり~っと感じで、「もしかしたら、ホルモン関係で思春期がきてるのかもしれません」と先生。
それがどんなに悪いことかは知らないが、良くはないのだろう。
今後、治療が必要かどうかを早めに検査した方がいいというので、4月12日に一泊二日の予定で検査入院することになった。
何事もなければいいが・・・。
そうもいかないような気がする変な予感のする私です。



血小板(入院その4)

4日目の検査。
 2万から5万に増えた。
 さすが、かずま。
 この調子で、どんどん増やしてくれぃ!!!

血液検査 (入院その3)

 2日目の血液検査で気になる点が出てきた。
 血小板の数値が、正常だと2・30万あるのがかずまは入院時16万、2日目3万、3日目の検査では2万しかなかった。
 それはどういう事かというと、
 血液を固める事が出来なくて、出血しやすくなったり、血が止まらなくなったり、すぐにアザが出来たりするらしい。
 このまま減り続けると、輸血も考えないといけないと怖い事を言われてしまった。
 痙攣よりも、こっちの方が心配だという。
 病名は、『血球貪食症候群』。
 今現在は、可能性があるという段階。
 詳しい検査は、骨髄を調べないといけなくて、その検査が相当痛いらしい。
 「どうするよ、かずま。頑張れるかな?」

その後・・・ (入院その2)

 脳炎の可能性が高かったかずま。
 でも只者ではないかずまは、検査を次から次へとクリアしていった。
 みだれていた脳波も半日後には落ち着き、相当痛いらしい髄液検査も、インフルエンザ検査も、尿からも、血液からも問題となる点は出てこなかった。
 結局のところ、ウィルス性胃腸炎。
 それに伴う発熱が、痙攣を起こしたという事なんだと思う。
 大した事ないじゃんと(´▽`) ホッとして2・3日で帰れるかなと思っていたのに、そこは大学病院。
 原因追求と経過観察が必要との事で、2週間~1ヶ月の入院予定だと言われてしまった。
 でも熱が下がって検査の結果次第では、1週間位で退院出来るかも。
 早く帰ろうね、かずま。
 でもなかなか下がんないね、お熱さん。

重積発作&42℃の熱 (入院その1)

3月1日 AM1:30
 私は昨夜11時頃目が覚め、何となく考え事をしていたら眠れなくなっていた。
 その時おじいちゃんがやって来た。
 「かずまがおかしいから、見てくれ!」
 かずまのところへ行くと、大分前から悪かったのだろうって様子だった。
 顔はひきつり、1秒に1回位の間隔で身体が飛び跳ねていた。
 おばあちゃんがダイアップを入れてくれたらしいが痙攣は止まる様子もなく、取りあえずかずまを抱いて自分の部屋に戻り熱を計ってみると41.3度。見たことのない数字だ。
 急いでかかりつけの病院へ連絡して処置してもらったが発作は止まらず、女性の新人先生は自分の手に負えないと判断したらしく、救急車で1時間かけて大学病院へ転送。
 救急車の中でも痙攣は続き、酸素濃度も下がっていた。
 いつもだったら大きな声で泣くのだろう。
 かずまの目から次から次へと涙がこぼれていた。
 私はその涙をハンカチでおさえる事しか出来なかった。

医大着 AM4:00
 少なくとも、かずまの痙攣は3時間続いた。
 重積発作。
 いつかは来るだろうと思ってはいたけど・・・。
 お熱も42℃を超えていた。
 痙攣が先か、発熱が先かは分からない。
プロフィール

かずままま

  • Author:かずままま
  • 沖縄生まれの大分県在住
    年齢 40才とプラス・・・
    家族 パパ・かずま・おばあちゃん・ラブちゃん
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。