スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舌根沈下予防グッズ

DSCN1006.jpg

かずまの上の歯と下の歯は、1センチほど、ヅレがあります。
仰向けの姿勢でいる時間が多いので、重力にまけ、どんどん、顎が下へ下へと下がっていくのです。
これ以上ひどくなると、舌根沈下で気道をふさいでしまって、危険な状態になる可能性もあるとのことです。
今よりも良くなるということはなく、これ以上悪くならないように、現状維持をつとめるしかありません。
なるべく、仰向けの姿勢を避け、横向きかうつぶせの姿勢をとることを心がけます。

○座位保持椅子にて
DSCN0981.jpg
普段は、後ろに倒し気味なのですが、時々は、しっかりと前かがみにし、腕で体重を支える練習をします。


○うつぶせマットにて
DSCN0995.jpg
DSCN0994.jpg

あまり得意ではない姿勢ですが、側湾部を伸ばす時にも使えそうです。


○その他
志村○んのアイーン体操もよいかも???
スポンサーサイト

10月4日は・・・

何だか、慌しい数日で、かずまの誕生日をUPしそびれてしまいました。
4日の日、かずま、8歳のお誕生日でした。(*^^)//。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆オメデトォ

DSCN0991.jpg

でも、先週から、おじいちゃんはギックリ腰もどき・・・
おばあちゃんは、頭がガンガン締め付けられて、動けない~~っ
かずまのお世話だけでいっぱいいっぱいの私に、どんどん、しわ寄せがきて、介護三昧の日々でした。
といっても、食事の準備ぐらいなんですけどね。

でも、二人とも、もう80才すぎ・・・
近い将来、確実に、「トリプル介護」はやってきます。
こんな私で、やっていけるのだろうかと心配になってきたこの頃でした。

とりあえず、おじいちゃんには、かずまの抱っこを控えてもらってます。
おばあちゃんは、今日、病院に一緒に行って、内科では、先週診てもらって、特に悪いところはないと言われたのですが、念のため、MRIと脳神経外科の受診をしてきました。
朝は、フラフラ状態のおばあちゃんでしたが、ここまで調べてもらって、心配していた「脳梗塞」の心配はないと言われ、大分、ホッとしたようです。
病は気から・・・
これで、少しは、元気が出るかな?

せせかましい(落ち着きのない)二人、もう少し、のんびりと過ごしてほしいものです。

DSCN0984.jpg

学校の先生とクラスメイトからメッセージカードをもらいました。


自校式給食の必要性

かずまの学校の給食は、給食センターで普通校の子供達と同じメニューの普通食のものが届けられます。
それを、給食補助員の方が、生徒に合わせた形態へと再調理してくれます。

かずまは、ペーストのものしか食べることが出来きないので、普通食に、水分を足して、ミキサーにかけて、かずまがむせずに、食べることが出来るようにといろいろと工夫してくれてます。
今は、それを給食補助員の方がしてくれるのですが、数年前までは、担任の先生の仕事だったらしいです。

少しずつ少しずつ、環境はよくなっていっているのですが、やっぱり、理想は「自校式給食」なのです。
学校で、給食が作ることが出来たなら、作る側も食べる側も、相手の顔を思いながら、美味しく給食の時間を過ごすことが出来るのでは・・・と思います。
再調理するのではなく、最初から、かずまに合った給食を作ってもらえるのでは・・・と思います。
衛生面においても、栄養面においても、やっぱり、今の状況が変わるように、頑張っていかないといけないなって思います。

そんな思いをもう十数年も前から、先輩ママ達が県に、毎年、陳情に行ってます。
でも、まだまだ、現実は厳しいようです。

それで今年は、署名活動をしてみようってことになりました。

かずまの通う学校で、一番、「自校式給食」を必要としているのは、かずまなので、いつもは、のほほんと他人任せの私も、そんなわけにもいかず、私なりに頑張ってみました。

DSCN0983.jpg

思った以上に、気持ちよく、みなさん協力してくれ、こんなに署名が集まりました。
別府に住むネット友のぴかくんにも、声をかけたら、近所の方やお友達にも話してくれて、すっごいいっぱいの署名が返ってきました。
ぴかくんの人脈ですね。すごいです。

みなさん、ありがとうございます。
本当に、感謝します。

プロフィール

かずままま

  • Author:かずままま
  • 沖縄生まれの大分県在住
    年齢 40才とプラス・・・
    家族 パパ・かずま・おばあちゃん・ラブちゃん
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。