頑張れ!かずま! 3


4日月曜日。

担当医から📞

話があると…。

そういう時は、良い話ではない。


病院🏥へ行き、会議室。

担当医、主治医、病棟長が並ぶ。


何を言ってくるか、想像がつく

気持ちの準備は、出来ていて

冷静に話を聞いていました。


かずまの今の状態…


抜管は、危険過ぎて出来ないこと…

病院としては、

気管切開しか、術がないこと…

もうそれ以外のことは、医療として

出来ませんと…


はい!分かりました!

言いたくなくて

母の思いを語ってみましたが、無理でした。

Dr.の方が、命の尊さを日々、感じているのでしょう。

そして、かずまの命も助けたいと必死なのでしょう。

そんな熱意を知っていながら、

一度は、手術を覚悟したはずなのに、


12日火曜日。

母、担当医へ最後の訴え

もしも、1週間前が、今のかずまだったら、

抜管していましたか?


担当医 「無理でした」


挿管から、2週間たって、そろそろ菌がつく頃、

ダメだったら、綺麗なチューブを再挿管するっていうのは、どうですか?

そして、私にもう一度、チャンスを下さい。
もっと、どうにかなったと思うのです。

心残りがあるのです。

ネチネチと迫ってみました。

だって、オペ日が21日。

そんなに先じゃあ

決心した気持ちも緩んでしまいます。


かずまも待ちくたびれて、元気になってしまうかもですよ。

担当医、お母さんの思いは、主治医にも伝え、もう一度、検討してみます。

結構、情のわかるDr.です。

14日木曜日。

結果は、NOです。


99% 分かっていたことです。


最後の悪あがきでした。

昔から、秘めた頑固の部分を持っている私です。

これで、100%

手術に向き合えます。


オペ日まで、1週間。

かずまは、肺炎にならないことだけ、

気をつけて!

後は、大丈夫!


頑張れ!かずま!

頑張れ!かずままま!









ラブちゃんが😂


ラブちゃんなりに、かずまの不在を

なんでだろ~❓

って、気にしてるみたいです。

大好きなかずまがいないと寂しいよね。

ラブちゃんの背中に、ハゲが…。


頑張れ!ラブちゃん!







頑張れ!かずま! 2


昔からの私の癖のようなもの

何かあった時、

1番、最悪な状況をシュミレーションします。


それをしなかった時、

必ずと言っていい確率で、

自分の甘さに、

自分の気のゆるみに、

後悔することになります。

当たり前に上手くいくことなんて、

ない!

17年前、かずまを産んだ時、悟ったことです。

今回のことだってそう

あまりにかずまが元気だったから、

ついつい、普通に大丈夫だと、思ってしまっていた甘い私がいた。

かずまが

がんばり屋さんなのは、

産まれた時から、知っていたはずなのに。

後悔先に立たずです。

そんな教訓をもっている私です。

昨夜は、嫌というほど、

最悪のパターンをシュミレーション。

これで、少しは、かずまの状態が上向き⤴︎になってるかな?

と、雑念が入ってしまったりしましたが💦

今朝、面会へ


まだ、うつらうつらと

眠ってる状態でしたが、時々、薄めを開けてました。

何かを乗り越えた、かずまの穏やかな顔がありました。

脱管は、まだ先の話ですが

とりあえず、ほっです。

でも、退院するまで、私の変なルーティンは続きます。

大丈夫!大丈夫!

絶対、守ってあげるからね。

だから、もう少しだけ



頑張れ!かずま!